ブログ&新情報

ミニワークショップ付き「女性のためのマネーセミナー」 地元開催しています

 

茅ヶ崎のCafeCureさんで、7/18、7/31、そして昨日8/13の3回に渡ってマネーセミナーを開催しました。

時間帯は14時ー16時。

 

昨日も暑い中、お仕事をお休みしてまで来ていただいた方もいて嬉しい限りです。

 

学校や会社では教えてくれない、お金に関する知識、ふやし方など、まだまだご存じない方が多いので、地元開催にこだわって今後も開催していく所存です。

 

次回は8/21(日)の14時-16時

場所はいつものCafeCureさん。

 

FaceBookページのこちらで案内しています。

https://www.facebook.com/events/139857786456125/

 

お申込方法その2

リザーブストックというWebから。

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/11277

2013年

11月

22日

生命保険協会定例会見、反社会勢力対策など

  生保協会によると、佐藤義雄協会長は11月15日の日銀での定例会見で「反社会的勢力との関係遮断に向けた今後の取り組みについて」「消費者との相互理解促進に向けた取り組みについて」の2点を報告した。

 その中で反社会的勢力に関するデータベースについて、さらなるレベルアップに向けた検討を行っていく方針を明らかにした。
 

 佐藤協会長は「当協会は反社会的勢力との関係遮断について、生保事業に対する公共の信頼を維持し、業務の適切性や健全性を確保する上で重要な課題との認識の下、これまでも業界を挙げて取り組んできた。

 今般の提携ローンの問題を踏まえ、あらためて反社会的勢力との関係遮断のための体制整備と暴力団排除条項に基づく適切な対応の実施に向けて、本日の理事会で全社一致して取り組む申し合わせを行った」と強調。

 反社会的勢力に関するデータベースについても、情報交換を含め、レベルアップに向けて検討していく方針を明示した。
 

 また、今回の提携ローンの問題への対応に関しては、「各社、入り口のチェックはもちろん、既存の融資についても十分なチェックを行い、取引を解消する努力を継続することが重要だ」との考えを示した。
 情報交換先に関する記者からの質問に対して、全銀協や損保協会、クレジット協会などとの協議を進めていることを明らかにした。
 「消費者との相互理解促進に向けた取り組みについて」の解説では、消費者の声をよく聞き、顧客の立場に立って経営改善を進めていく従来からの方向性に加えて、今期は消費者への能動的な働き掛けを進めていく方針を表明。

 「二つのベクトルをかみ合わせることで、消費者との相互理解を促進し、顧客とのコミュニケーション深化を通じた一層高いレベルでの信頼構築につなげたい」と強調した。

 

 このほか、新規事業として、生保文化センターと連携し、生命保険への消費者理解をサポートする全世代対応型パッケージを構築することを明らかにした。

 中学生から社会人に対しては生保文化センターの既存事業があるため、これまでカバーしていなかった高齢者に情報冊子を提供するとともに、小学生と幼児を対象に、ちびまる子ちゃんを使ったストーリー仕立ての教育用DVDを作成し、全国の小学校や公立図書館に提供する。高齢者向け情報冊子と、子ども向けDVDは来年3月の完成を予定している。

2013年

11月

19日

2013湘南国際マラソンでリタイヤしたシーン

2013年

11月

05日

三井住友海上あいおい生命、「新医療保険A」を発売

 三井住友海上あいおい生命は12月2日から、個人向け商品ブランド「&LIFE」シリーズで医療保険の新商品「新医療保険A(エース)(低・無解約返戻金選択型医療保険 無配当)」を発売する。

 短期の入院保障を手厚くしながら、治療が長期化、高額化する場合にも適切な保障が得られるよう、より合理的で充実した保障内容に設計した。

 また、主契約については従来商品と同様の低解約返戻金型に加え、払込期間中無解約返戻金型を新たに設定することで、より割安な保険料による保障の提供を可能とした。

 医療技術の進歩などに伴い、入院患者の平均在院日数の短期化が進む一方、生活習慣病などではほかの疾患に比べて平均在院日数が依然長期にわたっており、特に脳血管疾患では、脳梗塞で平均97・4日、脳内出血で平均126・9日など、非常に長期間の入院を要す。こうした現状を踏まえて新商品を開発した。

 

 三井住友海上あいおい生命では、「高齢化社会が進む中、今後とも真に顧客に役立つ死亡・医療・介護商品を提供し、より一層社会的役割を果たせるよう努めていく」としている。

 

 「新医療保険A(エース)」の主な特長は以下のとおり。
 【主契約】
1.三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)による入院の場合、1回の入院、保険期間通算の入院とも支払限度日数の制限がない(三大疾病以外の1回の入院についての支払限度日数は、30日型・60日型・120日型の3タイプから選べる。また、保険期間通算の支払限度日数は、1095日)。

 

2.日帰りから4泊5日までの短期の入院では、一律5日分の給付金を受け取ることができる。

 

3.手術保障は、公的医療保険の算定対象となる約1000種類の手術に対応する。

 

4.放射線治療や入院中に集中治療室管理を受けたときにも、専用の給付金を受け取ることができる。

 

5.顧客のニーズに応じ、低解約返戻金型と払込期間中無解約返戻金型から選択できる。

 

【特約(無解約返戻金型)】
1.がんと診断されたときに一時金を支払う特約に加えて、三大疾病による入院時に一時金を支払う特約を新設し、いずれも再発時に対応できるよう支払回数を無制限とした。

 

2.がんの治療のための通院時に給付金を支払う特約を新設した。

 

3.女性疾病を保障する特約では、従来商品の対象疾病に新たにくも膜下出血などを追加することで、支払い対象となる疾病の範囲を拡大。また、乳がんによる乳房の切除・再建術や子宮の摘出術などの際にはより手厚い給付金を支払う。

 

4.先進医療にかかわる技術料・交通費・宿泊費を保障する特約の支払限度額を2000万円に引き上げた。

 

5.要介護状態となった場合に、年金や一時金を支払う特約を付加できる。

 

2013年

10月

30日

三井生命、ロイヤルカスタマー倶楽部を創設

  三井生命は10月25日、同社の保険商品に加入する顧客のうち、払い込み年間保険料が一定額以上の顧客を対象とする「三井生命ロイヤルカスタマー倶楽部」を11月1日に創設すると発表した。

 同倶楽部では、「セカンドオピニオン」や提携先企業による特典などのサービス提供を11月から開始する。
 

 三井生命は現在、「お客さまへの最高品質サービスの実現」「安定的な財務体質の実現」「信頼される会社経営の実現」からなる中期経営計画(2012年度~14年度)に取り組んでおり、少子高齢化の一層の進行による人口減少社会の定着が進む中で、生命保険に加入している顧客との関係を強化して満足度を高め、強い信頼関係を構築していくサービスの提供が重要であると判断。

 

 今回、払い込み年間保険料が一定額以上の顧客を“ロイヤルカスタマー”とする「三井生命ロイヤルカスタマー倶楽部」を創設するとともに、昨今活用ニーズが高まってきている「セカンドオピニオン」などの各種優遇サービスを提供することにした。

 

 各サービスの詳細や同社提携先企業による特典、追加・最新情報については、「三井生命ロイヤルカスタマー倶楽部」専用ホームページ上で知らせる。

 

 ロイヤルカスタマーとしての資格は、払い込み保険料の増減にかかわらず1年間有効(ただし、全件解約のときはその時点で資格を喪失する)。1年後に金額基準を確認できた場合には、1年更新となる(基準に満たない場合は資格を喪失する)。

 

 いったん、ロイヤルカスタマーの資格を喪失した場合でも、金額基準を満たせば、再びロイヤルカスタマーの資格を取得することになる。

 

 制度開始時に提供されるサービスの概要は次のとおり。

 

 ▽セカンドオピニオン:より良い治療を選択するために、日本を

代表する各専門分野の名医(総合相談医392人〔13年7月時点〕)と面談して、現在の診断に対する見解や今後の治療方針、治療方法などについて意見(セカンドオピニオン)を聞くことができる

 また、セカンドオピニオン実施後、総合相談医がより高度な専門性が必要と判断した場合、病気の症状に合わせて、優秀専門臨床医(2754人)を紹介する。

 

 ▽24時間電話健康相談:24時間年中無休で、医師・保健師・看護師などの経験豊富なスタッフが電話による健康相談に応える。

 

 ▽提携先企業による特典:三井生命の提携先企業による各種のサービスを優待価格で受けられる。

 

2013年

10月

29日

アメリカンホーム、「みんなのほすピタる」がん一時金特化プラン、治療方法の多様化を受けて発売

 アメリカンホームは、医療保険の商品ブランド「みんなのほすピタる」および「ガンになったことがある方も入りやすい みんなのほすピタる 緩和告知型ガン保険」シリーズの新しい商品ラインアップとして、「ガン一時金」を基本補償とする新プランを10月18日に発売した。

 同社は引き続き顧客の信頼を得て、「お客さまに選ばれる会社」になることを目指していくとしている。

 「みんなのほすピタる 使い方いろいろ ガン一時金タイプ(新・総合医療保険」(終身型)は、ガンと初めて診断確定された場合(注1)に一時金を受け取れる「ガン診断一時金」を基本補償とするプラン。

 補償金額に応じて、三つのコース(100コース、150コース、200コース)から選ぶことができ、オプションでガンによる入院・手術や通院、先進医療費用の補償を追加できる。

 また、健康・医療相談サービス「安心ダイヤル24」と「セカンドオピニオンサービス」が無料で利用できる。
 

 「ガンになったとがある方も入りやすい みんなのほすピタる 応援隊 緩和告知型ガン保険(引受基準緩和型特約付帯の新・医療総合保険)」(終身型)は、ガンで5日間以上の継続入院をした場合(注2)に一時金を受け取ることができる「ガン入院治療一時金」を基本補償とするプラン。

 

 補償金額に応じて三つのコース(50コース、70コース、100コース)から選べ、オプションでガンによる入院・手術や通院の補償を追加できる。また、「安心ダイヤル24」と「セカンドオピニオンサービス」に加え、ガン再発や悪化などに対する精神的負担をサポートする「『心のケア』サポートサービス」も無料で利用できる。
 

(注1)医師によりガン(所定の悪性新生物・上皮内新生物)と初めて診断確定された場合に受け取れる。医師の治療終了から2年以上経過後に、再びガンと診断確定された場合は再度受け取れる。

 

 (注2)ガン(所定の悪性新生物・上皮内新生物)の入院が5日間以上継続した場合に受け取れる。ガンの入院の終了後2年を経過して、再びガンによる入院が5日間以上継続した場合は再度受け取れる。
 ※「安心ダイヤル24」「セカンドオピニオンサービス」「『心のケア』サポートサービス」はアメリカンホームの提携会社であるティーペック㈱が提供

ミニワークショップ付き「女性のためのマネーセミナー」 地元開催しています

 

茅ヶ崎のCafeCureさんで、7/18、7/31、そして昨日8/13の3回に渡ってマネーセミナーを開催しました。

時間帯は14時ー16時。

 

昨日も暑い中、お仕事をお休みしてまで来ていただいた方もいて嬉しい限りです。

 

学校や会社では教えてくれない、お金に関する知識、ふやし方など、まだまだご存じない方が多いので、地元開催にこだわって今後も開催していく所存です。

 

次回は8/21(日)の14時-16時

場所はいつものCafeCureさん。

 

FaceBookページのこちらで案内しています。

https://www.facebook.com/events/139857786456125/

 

お申込方法その2

リザーブストックというWebから。

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/11277

 

2013年

11月

22日

生命保険協会定例会見、反社会勢力対策など

  生保協会によると、佐藤義雄協会長は11月15日の日銀での定例会見で「反社会的勢力との関係遮断に向けた今後の取り組みについて」「消費者との相互理解促進に向けた取り組みについて」の2点を報告した。

 その中で反社会的勢力に関するデータベースについて、さらなるレベルアップに向けた検討を行っていく方針を明らかにした。
 

 佐藤協会長は「当協会は反社会的勢力との関係遮断について、生保事業に対する公共の信頼を維持し、業務の適切性や健全性を確保する上で重要な課題との認識の下、これまでも業界を挙げて取り組んできた。

 今般の提携ローンの問題を踏まえ、あらためて反社会的勢力との関係遮断のための体制整備と暴力団排除条項に基づく適切な対応の実施に向けて、本日の理事会で全社一致して取り組む申し合わせを行った」と強調。

 反社会的勢力に関するデータベースについても、情報交換を含め、レベルアップに向けて検討していく方針を明示した。
 

 また、今回の提携ローンの問題への対応に関しては、「各社、入り口のチェックはもちろん、既存の融資についても十分なチェックを行い、取引を解消する努力を継続することが重要だ」との考えを示した。
 情報交換先に関する記者からの質問に対して、全銀協や損保協会、クレジット協会などとの協議を進めていることを明らかにした。
 「消費者との相互理解促進に向けた取り組みについて」の解説では、消費者の声をよく聞き、顧客の立場に立って経営改善を進めていく従来からの方向性に加えて、今期は消費者への能動的な働き掛けを進めていく方針を表明。

 「二つのベクトルをかみ合わせることで、消費者との相互理解を促進し、顧客とのコミュニケーション深化を通じた一層高いレベルでの信頼構築につなげたい」と強調した。

 

 このほか、新規事業として、生保文化センターと連携し、生命保険への消費者理解をサポートする全世代対応型パッケージを構築することを明らかにした。

 中学生から社会人に対しては生保文化センターの既存事業があるため、これまでカバーしていなかった高齢者に情報冊子を提供するとともに、小学生と幼児を対象に、ちびまる子ちゃんを使ったストーリー仕立ての教育用DVDを作成し、全国の小学校や公立図書館に提供する。高齢者向け情報冊子と、子ども向けDVDは来年3月の完成を予定している。

2013年

11月

19日

2013湘南国際マラソンでリタイヤしたシーン

2013年

11月

05日

三井住友海上あいおい生命、「新医療保険A」を発売

 三井住友海上あいおい生命は12月2日から、個人向け商品ブランド「&LIFE」シリーズで医療保険の新商品「新医療保険A(エース)(低・無解約返戻金選択型医療保険 無配当)」を発売する。

 短期の入院保障を手厚くしながら、治療が長期化、高額化する場合にも適切な保障が得られるよう、より合理的で充実した保障内容に設計した。

 また、主契約については従来商品と同様の低解約返戻金型に加え、払込期間中無解約返戻金型を新たに設定することで、より割安な保険料による保障の提供を可能とした。

 医療技術の進歩などに伴い、入院患者の平均在院日数の短期化が進む一方、生活習慣病などではほかの疾患に比べて平均在院日数が依然長期にわたっており、特に脳血管疾患では、脳梗塞で平均97・4日、脳内出血で平均126・9日など、非常に長期間の入院を要す。こうした現状を踏まえて新商品を開発した。

 

 三井住友海上あいおい生命では、「高齢化社会が進む中、今後とも真に顧客に役立つ死亡・医療・介護商品を提供し、より一層社会的役割を果たせるよう努めていく」としている。

 

 「新医療保険A(エース)」の主な特長は以下のとおり。
 【主契約】
1.三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)による入院の場合、1回の入院、保険期間通算の入院とも支払限度日数の制限がない(三大疾病以外の1回の入院についての支払限度日数は、30日型・60日型・120日型の3タイプから選べる。また、保険期間通算の支払限度日数は、1095日)。

 

2.日帰りから4泊5日までの短期の入院では、一律5日分の給付金を受け取ることができる。

 

3.手術保障は、公的医療保険の算定対象となる約1000種類の手術に対応する。

 

4.放射線治療や入院中に集中治療室管理を受けたときにも、専用の給付金を受け取ることができる。

 

5.顧客のニーズに応じ、低解約返戻金型と払込期間中無解約返戻金型から選択できる。

 

【特約(無解約返戻金型)】
1.がんと診断されたときに一時金を支払う特約に加えて、三大疾病による入院時に一時金を支払う特約を新設し、いずれも再発時に対応できるよう支払回数を無制限とした。

 

2.がんの治療のための通院時に給付金を支払う特約を新設した。

 

3.女性疾病を保障する特約では、従来商品の対象疾病に新たにくも膜下出血などを追加することで、支払い対象となる疾病の範囲を拡大。また、乳がんによる乳房の切除・再建術や子宮の摘出術などの際にはより手厚い給付金を支払う。

 

4.先進医療にかかわる技術料・交通費・宿泊費を保障する特約の支払限度額を2000万円に引き上げた。

 

5.要介護状態となった場合に、年金や一時金を支払う特約を付加できる。

 

2013年

10月

30日

三井生命、ロイヤルカスタマー倶楽部を創設

  三井生命は10月25日、同社の保険商品に加入する顧客のうち、払い込み年間保険料が一定額以上の顧客を対象とする「三井生命ロイヤルカスタマー倶楽部」を11月1日に創設すると発表した。

 同倶楽部では、「セカンドオピニオン」や提携先企業による特典などのサービス提供を11月から開始する。
 

 三井生命は現在、「お客さまへの最高品質サービスの実現」「安定的な財務体質の実現」「信頼される会社経営の実現」からなる中期経営計画(2012年度~14年度)に取り組んでおり、少子高齢化の一層の進行による人口減少社会の定着が進む中で、生命保険に加入している顧客との関係を強化して満足度を高め、強い信頼関係を構築していくサービスの提供が重要であると判断。

 

 今回、払い込み年間保険料が一定額以上の顧客を“ロイヤルカスタマー”とする「三井生命ロイヤルカスタマー倶楽部」を創設するとともに、昨今活用ニーズが高まってきている「セカンドオピニオン」などの各種優遇サービスを提供することにした。

 

 各サービスの詳細や同社提携先企業による特典、追加・最新情報については、「三井生命ロイヤルカスタマー倶楽部」専用ホームページ上で知らせる。

 

 ロイヤルカスタマーとしての資格は、払い込み保険料の増減にかかわらず1年間有効(ただし、全件解約のときはその時点で資格を喪失する)。1年後に金額基準を確認できた場合には、1年更新となる(基準に満たない場合は資格を喪失する)。

 

 いったん、ロイヤルカスタマーの資格を喪失した場合でも、金額基準を満たせば、再びロイヤルカスタマーの資格を取得することになる。

 

 制度開始時に提供されるサービスの概要は次のとおり。

 

 ▽セカンドオピニオン:より良い治療を選択するために、日本を

代表する各専門分野の名医(総合相談医392人〔13年7月時点〕)と面談して、現在の診断に対する見解や今後の治療方針、治療方法などについて意見(セカンドオピニオン)を聞くことができる

 また、セカンドオピニオン実施後、総合相談医がより高度な専門性が必要と判断した場合、病気の症状に合わせて、優秀専門臨床医(2754人)を紹介する。

 

 ▽24時間電話健康相談:24時間年中無休で、医師・保健師・看護師などの経験豊富なスタッフが電話による健康相談に応える。

 

 ▽提携先企業による特典:三井生命の提携先企業による各種のサービスを優待価格で受けられる。

 

2013年

10月

29日

アメリカンホーム、「みんなのほすピタる」がん一時金特化プラン、治療方法の多様化を受けて発売

 アメリカンホームは、医療保険の商品ブランド「みんなのほすピタる」および「ガンになったことがある方も入りやすい みんなのほすピタる 緩和告知型ガン保険」シリーズの新しい商品ラインアップとして、「ガン一時金」を基本補償とする新プランを10月18日に発売した。

 同社は引き続き顧客の信頼を得て、「お客さまに選ばれる会社」になることを目指していくとしている。

 「みんなのほすピタる 使い方いろいろ ガン一時金タイプ(新・総合医療保険」(終身型)は、ガンと初めて診断確定された場合(注1)に一時金を受け取れる「ガン診断一時金」を基本補償とするプラン。

 補償金額に応じて、三つのコース(100コース、150コース、200コース)から選ぶことができ、オプションでガンによる入院・手術や通院、先進医療費用の補償を追加できる。

 また、健康・医療相談サービス「安心ダイヤル24」と「セカンドオピニオンサービス」が無料で利用できる。
 

 「ガンになったとがある方も入りやすい みんなのほすピタる 応援隊 緩和告知型ガン保険(引受基準緩和型特約付帯の新・医療総合保険)」(終身型)は、ガンで5日間以上の継続入院をした場合(注2)に一時金を受け取ることができる「ガン入院治療一時金」を基本補償とするプラン。

 

 補償金額に応じて三つのコース(50コース、70コース、100コース)から選べ、オプションでガンによる入院・手術や通院の補償を追加できる。また、「安心ダイヤル24」と「セカンドオピニオンサービス」に加え、ガン再発や悪化などに対する精神的負担をサポートする「『心のケア』サポートサービス」も無料で利用できる。
 

(注1)医師によりガン(所定の悪性新生物・上皮内新生物)と初めて診断確定された場合に受け取れる。医師の治療終了から2年以上経過後に、再びガンと診断確定された場合は再度受け取れる。

 

 (注2)ガン(所定の悪性新生物・上皮内新生物)の入院が5日間以上継続した場合に受け取れる。ガンの入院の終了後2年を経過して、再びガンによる入院が5日間以上継続した場合は再度受け取れる。
 ※「安心ダイヤル24」「セカンドオピニオンサービス」「『心のケア』サポートサービス」はアメリカンホームの提携会社であるティーペック㈱が提供

What's New

メルマガ購読される方はメールアドレスをご登録くださいませ。

メモ: * は入力必須項目です